ブログ

秋の楽しいイベント「触れ合い動物園」(10月24日)

2016.11.06 お知らせ 

 

はこべ会共催で行われた毎年恒例の「触れ合いなかよし動物園」。今年も、相模湖どうぶつむらから、合計150匹の可愛い動物たちがやってきました。 子どもたちは朝から大興奮!パンや野菜など、たくさん持ってきてくれました。ご協力ありがとうございました!

普段から幼稚園で飼育しているチャボや烏骨鶏、うさぎに触れ合っているなかよし幼稚園の子どもたちですから、たくさんの動物に触れ合う時も、「抱っこ」するのが普通の行動。と、いうわけで、抱っこの写真を集めてみました!こちらです。↓

 

子ブタちゃん抱っこ。 ニワトリ抱っこ。

 

あっ、コッコちゃんだぁ!

 

亀さん抱っこねっ!

 

 

わぁー楽しそう! 小さくてかわいい!ねずみちゃん抱っこ!!

 

 

ねずみちゃんが大きくなったモルモット抱っこも大人気!

 

 

ヒヨコちゃんやうさぎちゃん抱っこは、お手の物!

 

   

えっ、七面鳥抱っこ、行ってみますか? 頑張れ!!

 

おっと、できました!七面鳥抱っこ!!!すっ、すごい!!

   

 

まだまだ行きます。

アヒル抱っこ! ちょっとレアなフェレット抱っこ!

 

 

あっ、幼稚園にもいるチャボのごま塩ちゃん! 頭に乗せるのは、流行ってる?(笑)

  

こんなに、乗せなくても〜(笑)!

 

蛇だって、首に巻いちゃうのよ〜!!

  

  

 

ポニーも大人気!さっき乗せてくれたから、お礼に人参をあげよう!

   

 

他にも、「ハッくん!ハッくん!」と呼ぶと、ヒップポップダンスを見せてくれる、ハクオウムのハッくん。鳴き声が南国のジャングルを思わせる、黄色いセイガイインコ。

 

ひまわりの種が大好物のシマシマ模様のシマリスくん!

今日は、たーくさんの動物と触れ合って、本当に楽しい1日でした 。

 

  

日頃から動物と自然に関わりを多くすることは、子どもたちの心の中に、生き物へ対する愛情や命あるものへの慈しみ、 命の大切さや尊さを育みます。それって、人間として生きていく中で、一番大切なことですよね。動物に優しくできる子はもちろん、友達へも優しく出来るようになります。自我がぶつかり合う幼児期。お互い刺激し合い、認め合って、助け合って、なかよしになっていくんですね!困った人がいたら助けてあげられる。相手の気持ちが理解できる。みんなが、そんな優しい子に育って欲しいと、先生たちは願っています。

 

 

 

 


一覧見る