ブログ

調理保育「羽根つき餃子」 年中組

2016.02.28 お知らせ 

学期に一度のお楽しみ、調理保育。今回年中組さんが、餃子作りに挑戦しました。

餃子と言えば、子どもから大人まで幅広く好まれる料理のひとつですね。今、巷では、ニンニクの入ってないオシャレな「女子餃子」がブームだとか・・・。

こちらは「子ども餃子」。オーソドックスな食材と調理法で、子どもを魅了すること間違いなし!!

材料:キャベツ、ニラ、豚ひき肉、塩、醤油、胡麻油、餃子の皮、サラダ油、片栗粉

さあ、餃子を包むよ!

 

餃子の皮の真ん中に、具材をのせて・・・

 

どのくらい? このくらい? ちょっと少なすぎない?

 

↓ いや、ちょっと、入れすぎでしょ?

 

具をのせたら、皮のまわりに水を塗って、ギザギザの折り目をつけて、くっつけるよ!

 

ギザギザ、こんな感じ?

 

あら、なかなか上手い!

 

ジャ、ジャーン!!

お見事!!

さあ、焼いていこう! 焼くのは、先生やってね。みんなで見てよう!!

そして、なんと今回「羽根つき」です。

完成でーす!

 

実食!! 美味しい〜!!! 200個作って、全部完食!

 

「食べる時、何も付けないくても、もう味がついてるよ!」そう言って、事務室の先生たちにも届けてくれました。

具にしっかり味付けをして焼いた「羽根つき子ども餃子」!!    美味しかった〜!

みんな、お家でもお母さんと一緒に作ってみてね★

 

 


一覧見る