お知らせ

1月26日(土) なかよし展覧会開催のお知らせ

2019.01.23

 大寒を迎え、冷たい空気に思わず身体が縮み上がる季節となりました。日頃より、皆様には、本園の教育活動にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

 この度、1年間の絵画・造形活動のまとめとして、「なかよし展覧会」を開催いたします。絵画・個人制作では、「自分なりに考えたり、工夫したりして、のびのびと表現する。」ことを目標にして、1学期から3学期の間、四季折々に体験したことをもとにして、描いたり、工作してきました。園児たちの作品には、どれとして同じものはありません。それは、園児一人ひとりがみんな違い、それぞれ個性を持っているからです。「なかよし展覧会」を通して、園児たちの個性豊かな作品をお楽しみいただき、それぞれの大きな成長を感じていただきたいです。皆様のご来園をお待ちしています。

日時:

平成31年1月26日(土)

  

9時〜15時

(受付は14時まで。)

 

*未就園児クラス「なかよしクラス」の子どもたちも、先日、紙粘土で「パン」を作りました。園舎2階の「憩いの場」に作品を展示しています!ご来園、お待ちしています!

*今年度の年中児、年長児による共同製作「お店屋さんごっこ」は、2学期11月中旬に開催しましたので、なかよし展覧会での展示はありませんが、スライドショーで様子を上映します。

*平成31年度「なかよしクラス」へ既にお申し込みをされている方、また、将来、なかよし幼稚園への入園をご希望、ご検討中の方など、是非、ご来園ください。園児たちの伸び伸びとした造形表現を通して、本園の教育理念や方針をお感じ頂けるかと思います。

           

  子どもたちは、お絵描きや工作が大好き。本園では、絵画や製作などの造形遊びを日々の生活の中にたくさん取り入れています。日頃から、保護者の方にお願いをして、牛乳パックや空き箱などの廃材を集め、工作コーナーには、廃材、セロテープ、ガムテープ、マジックペン、色鉛筆、折り紙等々の素材が置いてあり、子どもたちは、自由に工作遊びを楽しんでいます。 絵画における幼児の発達は、月齢によっても様々ですので、幼児の絵画を鑑賞する際には、子ども同士を比べるのではなく、お子さん1人の1年間の成長を追いながら観ていくと、大きな成長を実感することができます。また、年少組、年中組、年長組と、順を追って鑑賞することで、幼児期の絵画製作の発達の流れを理解することができます。

<主な展示作品>

年少組:自由画、観察画「ぶどう」「さつま芋」、構成画、折り紙製作、 個人製作「野菜・果物(はりこ)」「クリスマスツリー」紙粘土製作「パフェ」など。

年中組:自由画、折り紙製作、絵の具遊び「かたつむり」「花火」、 観察画「さつま芋(コンテ)」「カエル」、 個人製作「帽子」「クリスマスツリー」 紙粘土製作「鬼のお面」  など。

年長組:自由画、折り紙製作、観察画「びわ」「うさぎ(コンテ)」「チャボ」、 木工製作「好きなもの」、紙粘土製作「生き物(グループ製作)」、物語画 など。

 

 


一覧見る