園のしょうかい

本園は、長い歴史と伝統を誇る八王子学園八王子高等学校の建学の精神である
「人格を尊重しよう」「平和を心に培おう」を受けて、
昭和25年(1950年)10月に創立されました。

また、本園の姉妹園である多摩なかよし幼稚園は、
平成元年(1989年)に創立されています。

地域の子どもたちのよりよい成長を目指す教育の場として
地域の方々から愛される園づくりをこれからも続けていきたいと思います。

想い

子どもの「やってみよう」「やりたい!!」を
全力で応援しています。

子どもたちは、日々の遊びの中から多くのことを学び、身につけ、のびのびとたくましく育まれます。

「育み」は、愛され、受け入れられて成長し、発達すること。
教職員は、一人ひとりに愛情をもって接し、心を通わせながら、
子どもたちに思いやりの心、自分で考えて行動する力、自分の思いを伝える力、何事にも意欲的に取り組める豊かな心を育んでいます。

子どもたちの「やってみよう」「やりたい!」を全力で応援しています。
当園の日常保育の様子は、ブログに掲載していますのでぜひご覧ください。

園長

学校法人八王子学園なかよし幼稚園
園長 志田原 節子


  • 体験のおもちゃ箱

    小さな本物に
    触れる場所

    なかよし幼稚園というおもちゃ箱には、
    自然や生き物、体操、水泳、英語、絵画製作、音楽、人間関係など、
    色とりどりのおもちゃが詰まっています。
    子どもたちは、おもちゃを手に取るように、
    自然と遊びながら学びます。
    だからこそ、子どもの「やりたい」が生まれます。
    「やりたい」が生まれる場所。
    それがなかよし幼稚園です。

  • 家族みたいな幼稚園

    家族のように、教職員みんなが
    全園児一人ひとりを大切に育てる幼稚園

    小さい園だからこそ出来ること。
    それは、私たち教職員が全園児一人ひとりをとてもよく知っていること。
    こんなことが出来るようになった、こんなことを頑張った、昨日友達と喧嘩をした、風邪を引いてしまった…子どもたちのちょっとした変化も、担任教諭だけでなく、全教職員が知っています。それは、私たち教職員が家族のように仲がよく、なんでも話し合って共有しているから。子どもたちの成長をみんなで願っているから。
    卒園しても、子どもたちはいつまでも私たちの家族です。
    放課後は、毎日のように、たくさんの卒園児が遊びに来てくれます。

施設紹介

豊かな教育環境と充実の設備

八王子高等学校に隣接する本園は、平成16年に新園舎を建設し、豊かな教育環境のもと、安全を配慮し、バリアフリーに対応する充実した設備を整えています。
セキュリティー面でもカメラの設置や来園者の確認などを行っています。
また、隣接する高校の校庭、体育館、講堂(334席)、食堂などの施設も利用しています。

敷地面積 1039m²
園舎面積 789.81m²
園庭面積 560m²
2階鉄筋コンクリート造、保育室5、ホール1、多目的室1、事務室1

※写真をクリックするとかくだいします