園のせいかつ

教育理念

愛の心を育て、生きる力の基礎を培う

調和の取れた人間形成、
人と人との触れ合い、
生命あるものへの慈しみ、
思いやる心を育むための研鑽を重ねています。

楽しみあるところに精神の充実があり、
愛のあるところに教育の命があります。

遊びを通して知能、体力を高め、
豊かな感性が自然に芽生えるような教育を
目指しています。

教育方針と目標

のびのびとたくましく 
~知・徳・体の調和のとれた人間の土台作り~

  • 思いやりのある子

    幼い日に周りの人たちに優しく大切にしてもらった思いは、人や物を大切にする心につながります。

    一人ひとりに愛情を持って接し、心を通わせることで思いやりの心を育てます。

  • 自分で考えて行動する子

    遊びや活動をしていく中で、子どもたちへの問いかけを大事にしています。
    子ども自身から答えを引き出し、楽しんで意欲的に取り組んでいけるよう見守ります。

    日々の生活の中で、物事に疑問や興味が持てるような環境を整え、なぜだろう、どうしてだろう、という考える力を育てます。

  • 自分の思いを伝えられる

    子どもたちが思いをのびのびと保育者に伝えられるよう、個々に対して常に良き聞き手となることを心がけています。

    気持ちを伝える楽しさやうれしさに気づいたり、相手の思いも受け入れることのできる関係は、よりよき社会生活のための基礎作りとなります。

  • 何事にも意欲的に取り組める豊かな心を持つ子

    日々の生活の中で、新しい発見やチャレンジなど心をときめかせ、自分の思いを出してのびのびとたくましく伸びていく姿を目指します。

なかよし幼稚園の特徴

『遊びから学ぶ』

自分の「大好き」を見つけ、一生の土台となる「心の栄養」を育みます。
~夢中になれる体験を通して子どもは育ちます~

マウスをもっていくと拡大します

画像を拡大してご覧ください

楽しくチャレンジ

  • スイミング(年中/年長)

    スイミングスクールを利用し、週に一度専門コーチに指導していただきます。水に慣れ、楽しむことを目標としています。

  • 体操(年中/年長)

    週に一度、八王子高等学校の体育講師により基礎体力を高める運動遊びを行い、からだを動かす楽しさを身につけます。

  • 英語と遊ぼう(年長)

    年長組は週に一度、八王子高等学校の外国人英語教師による指導のもと、ゲームやリズム遊びを楽しみます。年中組は、英語の歌やリトミックで自然と英語を耳にする機会を増やしていきます。外国の文化に触れることで、世界に目を向ける心を育てます。

  • 遊びが中心の保育とにかく、たくさん遊びます

    子ども達は、生活のルール、運動能力、人間関係など、生きるために必要なことを遊びの中から習得します。楽しいからこそ好きになる、もっとやりたい、もっと知りたいを大きく伸ばします。わくわく、ドキドキする楽しい遊びの要素がたくさん詰まった教育です。

  • 子ども主体の保育日々の遊びが行事につながっています

    運動会や発表会のための保育ではなく、行事は普段の遊びを発表する場と位置付けています。なかよし幼稚園は、子ども主体の保育をモットーに日々の活動に取り組んでいます。

  • 子ども一人ひとりの個性を大切にする保育個々に寄り添った保育をします

    子どもは、自分を尊重してもらい、安心する環境に囲まれると、自然といろいろなことに自分から目を向けようとします。子どもの個性を大切に、個々の違いを尊重し、無理やりではなく、自分で選んで、人と協調、共感できるように、成長を促していきます。

  • 自尊心を大切にする保育たくさん褒めて育てる

    子どもたちの自尊心を大切に育て、自己信頼感を持てる子どもに育てます。そのためには、たくさん褒めて、認めてあげることを大切に日々の教育活動に取り組んでいます。

  • 子どもの探求心を掻き立てる保育

    日々の生活の中に、子どもたちが、「なんでだろう?」「どうしてだろう?」と思う環境を作り、保育者は子どもたちと一緒になってその不思議に迫ります。

  • 小動物との関わり

    なかよし幼稚園では、うさぎ、チャボ、烏骨鶏が放し飼いにされています。他にもインコ、熱帯魚、ザリガニ、カブトムシなど、各クラスでも飼育しています。そうした環境の中で、生態を観察し、生き物を育てる大変さや命の尊さを感じることができます。

  • 縦割り保育活動

    異年齢児と関わる中で、年下の子への思いやりや、年上の子への憧れの気持ちが生まれます。互いに教え合ったり、真似てみることで、自然に遊びが生まれ、考える力が育ちます。

園生活の1日

8:45~9:00

登園

※8:00~9:00 早朝預かり(朝プチ)も行っています。

登園後~10:00

自由遊び

みんな戸外で遊びます。異年齢児との関わりも深まります。

10:10~10:25

朝の会

朝のお歌を歌ったり、お当番の紹介、出席を調べたりします。

10:15~11:30

主活動

様々な活動の中で興味関心を深めます。その後は、昼食まで自由遊びを楽しみます。

11:30~12:15

昼食

週2回のお弁当と週3回の給食をみんなと楽しくいただきます。給食では、みんなと同じ物を食べることで、苦手な食べ物が食べられるようになります。

12:15~13:30

自由遊び

おなかもいっぱい。戸外や室内でお友だちと元気に遊びます。

13:30~14:00

帰りの活動

帰りの準備、絵本、紙芝居などを見て、落ち着いた気持ちでお迎えを待ちます。

14:00〜

降園

先生、お友だちにさようなら。バスの中でも楽しく過ごしあっという間にバス停に到着。

18:00まで

預かり保育
ぷちとまクラブ(希望者)

お迎えまでゆっくりと過ごします。 おやつが付きます。

年間行事

充実したイベントが盛りだくさん

季節ごとの行事を通して、日本の風習や伝統文化に触れ、楽しいひと時を過ごします。
また、運動会、共同製作、音楽発表会、なかよし展覧会、劇遊びなど、個々の成長を感じられる活動や、
友だちと協力して取り組み、達成感を味わえる活動がたくさんあります。

4

5

6

7

8

  • 夏の預かり保育
9

1

2

3

  • ひな祭り
  • お別れ遠足(年長)
  • お別れ会食会
  • 卒園式/修了式
  • 春の預かり保育

※園外保育:日々の生活の中で、歩くことはとても大切です。保育の中に散歩を多く取り入れ、縦割り活動の1つにもしています。身近な自然に触れ季節を感じる機会にもなります。